独特の存在感! ミズイロインド「リネンタックパンツ」を穿いてみた!
着用レビュー

2019/07/23

独特の存在感! ミズイロインド「リネンタックパンツ」を穿いてみた!

mizuiro ind ミズイロインド

不思議な響き。今回はまずブランドのコンセプトから調べてみました。

marcourt.jp

以下、マーコートHPより

—–
飾らない人(Simple)、自分らしく服を楽しむ人(Ageing)、こだわりのある人(Personal)に向け、シンプルでコーディネイトしやすいJapanese Tradを提案する「ミズイロインド」。
デザイナーが子供の頃から好きなカラー“ミズイロ”と、理屈なしに好きでいられる服を作り続けたいという想いから、mizuiro ind と名付けました。

—–

mizuiroはそのまま水色だった、でもインド綿みたいなナチュラル素材のイメージだからインド(国のIndia)と結びつけてた人が私だけではないことを祈りたい(汗)

私の中で、あるいくつかのブランドは、「そこのブランドで買ってる人はトップスからなにから全部そこのものでかためている、他のブランドのものは着ないのでは」という思い込みがあります。正直そのひとつがミズイロインド。商品のディスプレイから店員さんの雰囲気でそう決めつけていたブランドの一つ。

今回そんな私の考えを一掃すべく初入店!そしてとってもはき心地もコーディネートも身近にフレンドリーなパンツに出会いました。

 

 

ガーゼのような優しい素材感

marcourt.jp

そのガーゼのような優しい素材感と、腰を包み込む大きなリボンが目をひいたリネン素材のパンツ。

ハンガーに掛かっている時から期待させる雰囲気はありましたが、穿いてみたらどんなシルエットになるかといいますと

 

 

ポイントの大きなリボンはデザインだけでなく体型カバーの役割も

前にも後ろにも結べてコーデの幅を広げられるというう大きなリボンは、期待通りで想像していたより存在感ありました。そしてハンガーに掛かっていたときはわからなかったうれしいポイントは、ただデザインとしてかわいいだけではなく、おなか周りのシルエットをナチュラルに隠して体型カバーの役割もしてくれるといいうこと。

 

ヨコから見るとよくわかります、お腹が出ていてもこの結び目が包み込んでくれます。私はお腹にはそんなにコンプレックスはないものの、このサイドのシルエットでもうひとつ強調したいのがお尻、ルーズなシルエットと優しい素材感で自然にお尻に寄り添って♪くれるから、むしろお尻にお肉がない人みたい。自分で写真見て驚いちゃった&うれしかったのです。

 

 

 

 

素材を贅沢に使ったタックデザイン。名付けて風呂敷包みシルエット?

今回色がネイビーと濃色なこともあって、なかなかパンツの表情が伝えられていないのではと焦るソムリエ(笑)で、どうにかもっとこのパンツを伝えたいとタックを持ち上げてみると、、あらあら思ったより素材が内側に隠れていました。素材が軽いからパンツ自体も軽くて気づかなかったこのからくり。そしてこのタックこそがこのパンツのすべてのメリットを導き出しているなとあらためて思いました。いうならば、普通にパンツを穿いて、その上の気になる部分にだけ適度なゆとりを持たせた風呂敷を巻いているようなイメージ。だから、見せることろは自然に、ちょっと隠したいところは厚めに守ってくれているのです。

 

 

ウエストは全周ゴムで楽ちんだから結び直しの必要なし

ウエストがリボンスタイルだったりすると、トイレに行くとき面倒かな、とかほどけてきそう、とか思われるかもですが、その心配はまったくないのがこのパンツ。

まずウエストは全周ゴムなので、リボンは結びっぱなしで、まったくストレスなく脱ぎ穿きできます。そしてリボンの結び目もその柔らかな素材感のおかげで、一度結んだから意図して引っ張らない限りほどけてくることはございませんよ。逆にずっと結んでいるとくたっとしてきてしまうので、結びなおす時も同じ位置でしっかり結ぶのをおすすめします。

 

 

気になる透け感は?それよりこの写真でお伝えしたいのは・・・

試着させてもらうとき正直気になったのがその透け感。なぜなら最初から言い続けているように、麻のナチュラルな柔らかな素材感は、そのちょっと頼りないくらいの軽い素材感からきているからです。実際、意図して後ろ身ごろを白い背景にあててとればこんなに透けてはしまいます。

でも、当日も私が濃色の下着でもまったく気にならなかったのは、このパンツが体のどこにもピタッとフィットしないから。重ねて上述したように、気になる部分は生地が重なっているから透ける心配はほぼないかと。どうしても気になる方は肌色に近い下着をおすすめします。

 

それよりなによりこの写真でお伝えしたかったのはこの素材のナチュラル感、軽さ、薄さ、そう、何が言いたいかというと「ゲキ涼しい」のです。

穿いてないような〜とはよく言ったものでまさにこれはその表現が似合うパンツ。素材が軽いうえにフィット感もないから穿いている側からしたらこのパンツの存在感が薄すぎて、あら、穿いてた!というかんじ。

そういう意味でも今まで私がレビューさせてもらってきた何本かのパンツにはない、フィット感ゼロ、ルーズシルエットが新鮮。そしてそれこそが私自身が今まではこのブランドにたどり着けていない理由だったのかもしれません。別にぴちぴちが好きというわけではないですが、ある程度体のラインを見せるファッションしか視野になかったのです、はい。

 

 

 

最初は思いっきり定番ZARA Tシャツで乗り切ってしまったので(短丈が意外に合ったと思って)もう1コーデはきれいめノースリーブカットソーをサンダルで。

今まで合わせるのが難しいなんて思っていてごめんなさい。デザイナーさんやファンの方には望まれていないコーデかもしれないけれど、私はこれでミズイロインドデビューさせていただきます!

 

 

marcourt.jp

最後はカラーバリエーションのご紹介。私が着用しているネイビーの他に、ブラックと、写真のレッドがあります。レッドといっても素材感からオレンジともいえそうなきつすぎないキレイなお色目。

レッドはまだ両サイズとも揃うようですのでお早めに〜

https://marcourt.jp/fs/marcourt/1-268192

 

 

 

//////////////////

着用商品

https://marcourt.jp/fs/marcourt/1-268192

 

ブランド:mizuiro ind

商品:タックパンツ

サイズ:2

カラー:ネイビー

素材:リネン55% レーヨン45%

洗濯表示:ドライクリーニング

 

モデル身長;175cm

//////////////////

 

 

高橋直子

高橋直子

結婚を機にアパレル業界へ転身、夫と二人三脚でパンツのソムリエ事業に従事。アラフォー新米ママ 広島在住、オンライン担当。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ・コンテンツ

FREE Newsletter

Pants.jpからパンツでお悩みや問題を抱えている方へ最新記事の更新情報、イベントのお知らせ等をメールでお届けします。

パンツのソムリエへの
ご意見・製品関連、
企業様からのオファーはこちら