今さら聞けない!スニーカーの“ハズし”と“こなれ”の正解は?

今さら聞けない!スニーカーの“ハズし”と“こなれ”の正解は?

 

もはや鉄板になりつつある、綺麗めコーデのスニーカーでの着崩し。

エフォートレスなスタイルが認められ、快適であればあるほどいいなんて空気感がどことなく漂っている今日ですが、「とりあえずスニーカーに変えてみた」風なスタイルに違和感を覚えている人もいるのではないでしょうか?

 

ひとつ間違えると“あっていない”になってしまう、絶妙なニュアンスの「ハズし」と「こなれ感」。

「今っぽいのになんか違うかも…」そんな悩みを解決する、最旬のスニーカーコーデ『基本のキ』をご紹介します。

 

 

王道カジュアルの一歩先へ。

 

ここ数年、私たちを取り巻くスニーカーの存在は大きく変わりました。

あくまでもスポーツではくもの、カジュアルとしてはきこなすものという認識から、アスレジャーやダッドスニーカーなどのトレンドが加わり、日常から足元にスニーカーを取り入れるスタイルこそおしゃれとしてとらえられるように!

 

PLST

 

着こなしのコツは、これまでの王道カジュアルにあわせるのではなく、普段だったら迷わずヒールをはいていた!というような綺麗めスタイルにスニーカーをあわせること。

たとえばオフィスやデートシーンなど、どうしてもきちんと感を求めてしまう場面はあるのですが、ここにスニーカーのラフさを加えることによって印象に親近感が生まれます。

 

ではスニーカーを入れた、ハズしコーデとこなれコーデの正解とは……?

 

 

「ハズし」とは、“足元だけ”をスニーカーに変えたコーディネート!

 

PLST

PLST

PLST

 

「ハズし」は基本的に足元をスニーカーに変えるのみでOK!

ただどのスタイルにも同じスニーカーをプラスすればいいというわけではありません。

スニーカーだけが独り立ちしないように、スニーカーはその日の服装に使っているカラーと同じものを選んであげましょう♪

馴染みが良くなり、スニーカーもひとつのこだわりとしてセンスアップして見せることができます。

よりカジュアル感を控えたいなら、コンバースやアディダスのスーパースターなど、比較的デザインがプレーンなものがおすすめです。

 

 

「こなれ感」は、カジュアルと綺麗めの要素が50:50!

 

PLST

PLST

PLST

 

ハズしコーデが綺麗めスタイルにスニーカーの1投入だったことに対し、こなれコーデは綺麗めとカジュアルを半々の割合でミックスさせることによって創出されます!

テイストや固定概念にとらわれず自由にアイテムをミックスすることにより、“粋に見える”=こなれて見せることができます。

スニーカーは足元をラフにしてくれるアイテムなので、トップスをカットソーなどカジュアルなものにするか、キャンバストートやリュックなどバッグをカジュアルにすることでバランスが取りやすくなります。

 

 

楽だから取り入れたいけど、「着こなしがむずかしい」という声も以外と多いのがスニーカー。

気をつけるべきポイントをおさえて、周囲からおしゃれ!といわれるハズしとこなれコーデをマスターしましょう♪

 

Pants.jp編集部

Pants.jp編集部

Pants.jp編集部がパンツにまつわる様々な情報を発信致します。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FREE Newsletter

Pants.jpからパンツでお悩みや問題を抱えている方へ最新記事の更新情報、イベントのお知らせ等をメールでお届けします。

パンツのソムリエへの
ご意見・製品関連、
企業様からのオファーはこちら