ショーツのラインやデザインをひびかせない、とっておきの解決策とは?
お悩み別

2019/08/26

ショーツのラインやデザインをひびかせない、とっておきの解決策とは?

 

清潔感が信頼に繋がるお仕事シーンでは、服の綺麗さのみならず身だしなみこそが欠かせないチェックポイントです。

 

 

解決策①:バックスタイルを確認してから購入を決めること。

 

まず、ひびかないパンツ選びをすることができたら、何よりのトラブル回避になりますよね。

そのためには、近頃主流になっているオンラインショップよりも、きちんと試着して購入することができる店頭での購入がおすすめです。

 

 

オンラインショップも改良が進み、サイズ感の失敗をなくす施策なども各ブランドでお見かけするようになってきましたが、今回のような“ショーツの透け”など着用しなければわからないようなディティールは、まだきちんと確認できないところが現実です。

 

ゆとりを持ったパンツでも、身動き次第ではショーツのラインをひろってしまうことが多々ありますので、“試着をしてバックスタイルを確認する”、こちらが先決になります。

 

 

解決策②:ひびきやすいパンツを着用する日は、シームレスの下着をチョイスして。

 

ショーツのラインがひびきやすいパンツを着用する日は、ショーツ選びから徹底して心掛けると、より安心してフォローすることができます。

 

グンゼ(Tuche)

 

肌への刺激が少なくストレスフリーな着心地なことから、シームレスの下着に移行する人が男女問わず増えてきたこの頃。

縫い目の凸凹がなく、切りっぱなしの生地で仕立てられたシームレスなショーツはあらゆる部分の境界線をなくしてくれ、パンツのシルエットをスッキリ見せてくれるなどの効果があります。

 

ショーツのラインがひびく心配がないので、着用感がタイトなものでも気兼ねなく着用することができる点が魅力です。

 

WACOAL

 

ガードルを重ねて履くと、さらなるフォロー強化とヒップアップ効果も!

 

 

解決策③:ショーツのカラーは、ベージュ、スモークピンク、オレンジ!

 

白よりもベージュが透けにくい!というのはみなさんも周知のことですが、そのほかの色ってどんなものがひびきにくいかご存知でしょうか?

 

肌着メーカーとして日本一の知名度を誇るグンゼが、メンズインナーの開発でおこなった「もっとも透けないインナーのカラー検証」によると、ベージュに加えて、クリアベージュ、ライトブラウン、スモークピンク、オレンジ、ウォームグレーが挙げられることがわかりました!

 

グンゼ

 

透けにくさでいうと、「オレンジ」が1位、次いで「スモークピンク」、「クリアベージュ」、「肌ベージュ」、「ウォームグレー」、「ライトブラウン」といった順位。

 

ベージュよりも透けにくいと立証されたオンレンジとスモークピンクは、比較的どんな肌色の方にも馴染みやすいという長所があるそうです。(以上、グンゼHPより)

 

 

薄手の生地が増える夏の時期だけでなく、シルエットや生地感によっては年中起こり得るショーツのひびき。

上質なパンツ、そして上質なインナー選びで、素敵な後ろ姿を手に入れて!

 

Pants.jp編集部

Pants.jp編集部

Pants.jp編集部がパンツにまつわる様々な情報を発信致します。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FREE Newsletter

Pants.jpからパンツでお悩みや問題を抱えている方へ最新記事の更新情報、イベントのお知らせ等をメールでお届けします。

パンツのソムリエへの
ご意見・製品関連、
企業様からのオファーはこちら