大人の“当たり前”になったテーパードパンツ!この秋おしゃれに穿く3つのコツ

大人の“当たり前”になったテーパードパンツ!この秋おしゃれに穿く3つのコツ

今や大人が持っていて“当たり前”の存在となったテーパードパンツ。

通勤からオフの日まで幅広く使え、あまりにも馴染みやすい万能っぷりから、コーデをこなれさせることが難しいと感じることもあるのではないでしょうか?

今回はこの秋旬のアイテムを使い、テーパードパンツを周囲より2倍おしゃれに着こなすコツをお教えします!

 

 

1. ブラウスは首・ウエスト・袖にデザインがあるものを選ぶべし!

 

パンツのソムリエ

PLST

 

あか抜けないポイントとしてもっとも多いのが、トップスにベーシックなシャツやニットなどシンプルなものをあわせすぎてしまうこと。

テーパードパンツは下半身をすっきりと魅せ、穿くだけで清潔感が生まれるアイテムなので、トップスには華のあるものをチョイスするほうが明るい印象になります。

ボウタイブラウス、ハイネックブラウス、フリル袖、バルーンスリーブ、ペプラムトップスなど、デザインが効いたものを選んであげましょう。

 

 

2. アウターは膝丈以上のロングコートをあわせるべし!

GLOBAL WORK

PLST

 

ヒップが隠れるくらいのちょっと長めの丈を選ぶことはあっても、膝丈はおしゃれすぎる… とロングコートは懸念されがちですが、この微妙な丈の違いこそこなれて見える秘訣!

おしゃれな人は今ワンピースの下にもパンツを差して穿いていたり、トップスも羽織りもどんどん長い丈が支持されるようになってきています。

もちろんヒップはすっぽりと隠れますが、フロントを開けて着こなすとウエスト位置とコートの丈に差が生まれ、脚長効果もゲット!

 

 

3. ニットは“ゆるめ”の“タートルネック”で決めるべし!

 

Spick & Span

UNIQLO

 

この先毎日着るといっても過言ではないニットとのコーディネート。ここで周囲と差をつけるコツは、ニットの“サイズ感”と“首元のデザイン”です。

体のラインを拾わないゆとりを持ったサイズ感で優しい印象に。そして首元はクルーネックだとメンズっぽくなってしまうので、タートルネックで華奢な印象を装って。

タートルネックはみなさんお持ちだと思うのですが、このゆったりとしたデザインはいかがでしょう?

着用していて楽でおしゃれになるゆるめのタートルネックは、この秋冬持っていて間違いなしのアイテムです!

Pants.jp編集部

Pants.jp編集部

Pants.jp編集部がパンツにまつわる様々な情報を発信致します。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FREE Newsletter

Pants.jpからパンツでお悩みや問題を抱えている方へ最新記事の更新情報、イベントのお知らせ等をメールでお届けします。

パンツのソムリエへの
ご意見・製品関連、
企業様からのオファーはこちら