薄手のパンツでも安心!一枚持っていると重宝するラインが響きにくいショーツ
特集・企画

2019/09/24

薄手のパンツでも安心!一枚持っていると重宝するラインが響きにくいショーツ

「素敵!」と思って購入したパンツだけど、いざ履いて鏡で見てみたら後ろからショーツのラインがくっきり見えて、「恥ずかしいから履けない…」と思った経験はありませんか?

 

ピタッとしたものや薄手のパンツは、どうしてもショーツラインが気になって購入をためらってしまいがちです。

 

ですので、1枚持っておくと使える、とっておきのオススメショーツのご紹介をしていきます!

 

 

ライン部分は「ない」か「響きにくい」で選ぶ

 

「響かないのはTショーツ」というのは世の常で、よく聞くアイテムではあります。

ですが、Tショーツだと食い込みが痛くなったり、初心者さんにはハードルが高かったりしますよね。

なのでご紹介させていただきたいのが、初心者さんやTショーツが苦手な方にもオススメのTショーツの形です!

 

Tショーツでは、縦と横で布が分かれているタイプだとどうしてもつなぎ目が当たって痛いことがあります。

なのでオススメなのは、後ろが総レースになっているもの。

 

どうしても「Tショーツ」というくくりで前から見て購入して、「履いてみたら痛かった!」という方もいらっしゃいます。

ですので、なるべくデザインだけじゃなく「柔らかくて薄く、縫い目が少ないもの」がTショーツ初心者さんにオススメです。

 

「それでもTは苦手!!」という方にオススメなのが、シームレスのヘムショーツです。

シームレスのものは薄手で縫い目がないので、ショーツラインが響きにくいのがポイントです。さらに、シームレスのオススメポイントが、薄いのでコンパクトにまとまってかさばらないんです。収納でも場所をあまりとりません。

 

ヘムに関しては、高ければしっかりとしているものが増えますが、食い込みやすくてきになる場合もあるので、最初はプチプラで試してみるのがオススメです。

 

次に、「響きたくないけど、可愛いものが履きたい!」という方にオススメなのが総レースショーツです。

バックスタイルが全てレースになっているタイプですね。レースは薄く、こちらもヘムショーツと同じく縫い目がないので響きにくく、無地のものよりも可愛らしさとファッション性があります。

 

下着専門店に行くと、お揃いで可愛いものもたくさんあるのでセットできることができて気分が上がります。

響きにくいものといえばシンプルであまり可愛らしくないものというイメージがありがちですが、響きやすいパンツスタイルでもレースショーツで楽しみませんか?

 

 

シルエットも綺麗に見せたい方にオススメのショーツ

「ガードル」と聞くと、膝上まであって、なんだか履いただけで一気に気合を入れているように感じてしまう方もいらっしゃいます。もちろん、気合いを入れる日はロングガードルでしっかりラインを綺麗にキープしてあげるのがおすすめですが、普段履きに向いているものを探すのは大変ですし、1枚履きできるものでも膝上までのロングガードルはショーツなしで履くには勇気がいりますよね。

 

そんな方におすすめなのが、ショート丈のガードルです!

ガードルショーツと呼ばれるものもあります。

 

このタイプは、クロッチが付いているので1枚履きできるのでショーツの代わりになるんです!

さらに、ガードルの「お尻を補正してくれる」「お腹をカバーしてくれる」という機能性もあるので、普通のショーツを履くよりもシルエットが綺麗になります。

 

ロングガードルだとどうしても履くのが面倒だったりがっつり補正で苦しく感じたりすることもありますが、普段履きならショートもおすすめです。今はユニクロなど、下着は肌着がメインのブランドさんでも安価に軽い補正が入ったものを手に入れることができるので、ぜひ試してみてください。

ちーちょろす

ちーちょろす

下着の魔法使いとして、ソーシャルメディアを中心に下着情報を随時配信する事で影響力を伸ばしたインフルエンサー。下着を通して女性のライフスタイルが豊かになる事を目指し活動中。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

FREE Newsletter

Pants.jpからパンツでお悩みや問題を抱えている方へ最新記事の更新情報、イベントのお知らせ等をメールでお届けします。

パンツのソムリエへの
ご意見・製品関連、
企業様からのオファーはこちら