#STAYHOME期間のお片づけに シルクパンツの収納場所と注意点
素材と機能性

2020/05/04

#STAYHOME期間のお片づけに シルクパンツの収納場所と注意点

仕事に家事に育児に、いつも忙しないパンツのソムリエ世代。
そんなSTAYHOMEを利用して多くの方が取り組んでいるのが、これまできていなかった部屋の掃除や片付け。

この時期だと厚手のものや式で着用したフォーマルウェアはしまったり、簡単な衣替えもできる機会。
そこで!シルク製のパンツの収納場所や収納における注意点を今回はまとめていきます!

 

 

「繊維の女王」の名を持つ、高価でデリケートな素材

 

Theory

 

繊維業界では、シルクのことを「繊維の女王」という呼び名があります。
それはシルクが特有の光沢感を放つ美しさと、取り扱いが注意な大変デリケートな素材であることからきているともいわれています。
色々な種類の染料と結びつきやすいため、シルク製の服はとても色鮮やかで綺麗。
そしてまた吸水性や吸湿性が高いので、着用していてサラサラと蒸れにくいところも魅力的です。
春夏の暑いシーズンには涼しく、秋冬の寒いシーズンには暖かく、優れた機能性もシーズンを問わず着回したいフォーマルウェアにはまさにぴったり。
太古の昔では貴族しか着ることを許されなかったほど、貴重で高価な代物でした。

 

 

水に近いところに置くのは厳禁!

 

雨や汗など、水はシルクの大敵です。
濡れた部分は繊維が膨らみ、光が乱反射することでシルク特有の光沢がシミになって見えてしまいます。
そのため、ラックや部屋の中などにクローゼットの外に置いておくことは禁物。
香水や日焼け止めスプレーなどもシミになりますので、ドレスカバーをかけるなどして着用後も素早くケアすると安心です。
基本的には、一度できたシミは元には戻らないと思っていたほうが良いでしょう。

 

 

日焼けによる変色を避けて、クローゼットへ!

 

 

シルクはタンパク質である18種類のアミノ酸でできているので、直射日光や蛍光灯の下で長時間さらされると、日焼けしてしまう恐れがあります。
中でもブルーやパープル系は変色しやすく、白は黄ばみ、淡色系は色あせなど、些細な不注意で二度と着られないような事態を招き兼ねないのです。
窓際やラック収納は避けて、ぜひクローゼットに収納してください。

 

 

クローゼットの中では、湿気にご注意を!

 

前述したとおり、シルクはタンパク質が主成分なので、湿度の高い場所で保管したり汚れたまま収納すると、カビや虫食いの原因になります。
特に湿気の多い梅雨のシーズンや真夏時には、クローゼットの中に防虫剤と一緒に除湿剤を入れておくのがおすすめです。

 

Pants.jp編集部

Pants.jp編集部

Pants.jp編集部がパンツにまつわる様々な情報を発信致します。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

FREE Newsletter

ファッションライフをより
豊かに美しく過ごすための
アイデアを発信中!登録は無料です!

ランキング

FREE Newsletter

Pants.jpからパンツでお悩みや問題を抱えている方へ最新記事の更新情報、イベントのお知らせ等をメールでお届けします。

パンツのソムリエへの
ご意見・製品関連、
企業様からのオファーはこちら