デニムの上手な収納方法
お悩み別

2019/05/31

デニムの上手な収納方法

前回は上手な洗濯方法をご紹介いたしましたが、本日は型崩れしにくい、しわが付きにくい、取り出しやすいなど

デニムを長持ちさせる保管方法をご紹介したいと思います!

 

 

畳んで収納する

 

 

365日デニムで過ごしたい♡というくらいデニムが大好きで何十本とデニムを持たれている方にとっては場所を取らずに保管するのが必須!

そんな方には畳んで収納がおススメです。

 

スマートに畳むことでより多くのデニムを収納することが出来ます。

ですが、畳んで収納する場合のデメリットはしわが付きやすいこと。

履きたい時にしわだらけなんてことがないよう、しわになりにくい畳み方をご説明します。

次からの収納時には是非やってみてくださね!

 

①床の上にジーンズを広げて、しわをしっかり伸ばしてから股の部分で半分に折りたたみます。

②最終、畳んだ長さが全体の3分の1の長さになるよう、裾を3分の2の長さを残して畳みます。

この時、再度しわがつかずにちゃんとたためているかどうか、確認しておきましょう。

③ウエスト部分を持って折りたたみ、3分の1の長さになったらしわがないことを確認してもう半分に畳む、もしくは丸めます。

 

引き出しに収納するのはもちろんですが、積み重ねるとどのデニムか分かりずらい為、ブランドタグかパッチが見えるよう丸めてバスケットなどに立てておけば、一目で分かり取り出しもスムーズです♪

 

 

掛けて収納する

 

 

パンツ用ラックを使えば洗濯した後畳む手間もなく、きれいに整頓できます。

また、パンツ用ラックがない場合は、空いたスペースの壁に突っ張り棒をしてハンガーにかけたパンツを並べれば、収納場所として有効活用できお部屋もすっきり◎

 

 

S字フックを使って壁やラックに吊り下げるとショップのディスプレイの様な仕上がりに。

インテリアの一部にもなるのでおしゃれな収納方法です。

ですが、掛けて収納するにもデメリットはあります。それは場所をとってしまうこと。ですので、お部屋の収納スペースが少ない場合は所有する本数を制限したり、

使用頻度の高いものだけ掛けるといった工夫が必要です。

 

 

収納しだいで大切なデニムを傷めることなく保管できますので、こちらも参考にしていただければと思いす♪

Pants.jp編集部

Pants.jp編集部

Pants.jp編集部がパンツにまつわる様々な情報を発信致します。

SHARE

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ・コンテンツ

FREE Newsletter

Pants.jpからパンツでお悩みや問題を抱えている方へ最新記事の更新情報、イベントのお知らせ等をメールでお届けします。

パンツのソムリエへの
ご意見・製品関連、
企業様からのオファーはこちら